• プロフィール

  • 博報堂ケトル代表
    編集者・クリエイティブティレクター


    93年博報堂入社。CC局配属。企業のPR活動に携わる。01年朝日新聞社に出向「SEVEN」編集ディレクター。02~04年に博報堂『広告』編集長。04年、「本屋大賞」を立ち上げ、現在NPO本屋大賞実行委員会理事。06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」設立。ザ・プレミアム・モルツ、浦沢直樹『ビリーバッド』、KDDI、J-WAVEなどの広告キャンペーンを担当。カルチャー誌「ケトル」編集長。編著書に『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』、『企画力』、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』、『ブランド「メディア」のつくり方』。

  • コンセプト

  • 学生でも始められるアイデアの素の作り方を知り、
    日頃の意識的な情報収集と組み合わせの習慣を学ぶ事で、
    より多彩なアイデア創出が出来るようにする。

    「アイディアを沸かせて、世の中を沸騰させたい。」という思いで設立された博報堂ケトルの設立者である嶋浩一郎様に、 魅力的なアイデアを輩出する「アイデア体質」になるために普段からどのような習慣・考え方を実践されているのかを事例も交えて教えて頂きます。

  • 講演会概要

  • 日時: 6月1日 (土) 14:30〜 受付開始(15:00〜 開会)
    参加費: 無料
    会場: 上智大学
    〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
    JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分
    地図:
    大きな地図で見る
    タイムテーブル: 14:30〜 受付開始
    15:00〜 開会挨拶・団体説明
    15:15〜 嶋浩一郎様によるご講演
    16:30〜 質疑応答・閉会挨拶
    17:00〜 交流会
  • applimとは

  • applimは「新しいマーケティング手法にふれ、自らマーケティング手法をつくる」というコンセプトのもと、アウトプットの場であるマーケティングコンテスト「試す」applimとコンテストでのアウトプットの質を高めるインプットの場として「学ぶ」applimを開催しています。詳しくはapplim.jpをご覧ください。本ページの下部にイベントページへのリンクがございますので、そちらもご覧ください。

    また、今後の活動についてSNS(twitter,Facebook)にてご連絡致しますので下記ソーシャルボタンより「フォロー」、「いいね!」をお願い致します。