飯塚はるな さん

上智大学理工学部を卒業。
在学中は脳神経について研究。
現在は株式会社リクルートにて営業の日々。
applimのコンテストには2度参加し、
第2回applimではADK-i賞、applim+ではCYBIRD賞を獲得。

― applimに参加したキッカケは何だったのですか?

友達の紹介です。最初は出ようと思っていませんでした。
ビジコンなんて出たことなかったし、理系でドメスティックなところにいたし。 でも誘ってもらったので出てみようかなと思いました。
でもapplimがtwitterで話題になっていたので、「このイベントってなんだかすごいのかな」と思って出ようと決めました。
周りに興味がありそうな人があまりいなかったので、1回目はtwitterで人を集めました。 だから最初のメンバーは1回しか会ったことのない人とチームを組みましたね。

― 1回しか会ったことない人とチームを組むなんてチャレンジャーですね!
― コンテストに2回出場し、2回とも企業賞を獲得されていますが、賞をとれた要因はなんだったと思いますか?

このコンテストにかける時間が多かったからだと思います。
1ヶ月間はほぼ毎日チームのメンバーに会ってたし、Skypeもしていました。 この時期は毎日が楽しかったです。 それと、「賞をとれればいい」という気持ちではなく、 チームみんなが「絶対優勝する」って思わないと賞はとれないと思っています。
この意識の違いが大事で、チームのみんながこの想いを持っていたからこそ賞を取ることができたんだと思います。
― 優勝への強い想いが受賞に繋がったのですね。
― 1ヶ月間applimに多くの時間を費やしていたと思うのですが、 applimに参加して、ご自身の中で変化したことや得たことはありますか?


自分の能力を知れたことですね。
applimに参加する前は自分に何ができて、 何が得意なのかなど、自分の能力がわかっていませんでした。

でも1ヶ月間本気で頑張り、自分と向き合うことで自分の力を発揮できる場所を知ることができました。

あと能力だけではなくて、私って結構好きなことのためなら寝なくてもできるなーとか。 この感覚を初めて味わいましたね。
それと、結果にこだわる人なんだということも実感しました。 とにかく、applimを通じて、自分自身を深く知ることができました。 就活の自己分析になりましたね。
― 第2回applimに参加されていますが、なぜapplim+にも出ようと思ったんですか?

正直2回目をやるかどうかは迷いました。
4年生で理系のため、研究もあったし、内定者バイトも行っていたため、3年の時ほど余裕がなかったからです。
でも、「出なかったら後悔する」って思ったんです。あのコンテストの盛り上がりをわかっていたから。
みんながやっているのを見て絶対自分が後悔するのがわかってたから、もう1回やろうって思ってapplim+にも参加しました。

― あの盛り上がりとはどのような感じでしたか?

コンテスト期間はtwitterやfacebookなどSNSがとても盛り上がっていました。
イベント毎にみんなつぶやくから、それを見ている人達は気になるんだろうなって思っていました。
あと、提出前はtwitter上が特にすごくて。みんな必死でやってるんだろうな、青春しているんだろうなというのを感じました。 これがapplimの良いところだと思うんです。

実は、同じメンバーで他の企画を考えたんだけど、モチベーションがあがらなくて全然だめだったんです。
applimは参加者同士がtwitterなどでお互い刺激し合っているんですよね。
他のチームと実際に会う場が3回もありますし。 他のチームも頑張っているから私達も頑張らなきゃという気持ちになりました。

― はるなさんの将来の夢教えてください!
昔から思っているんですが、1人で生きて行ける女の人になりたいんです。
1人でお金を稼いで、1人で家事もできて、子育てもできて。
まずは1人でお金を稼げるようになるために今は仕事を頑張っています。
夫婦になったとしても私は私で稼いでいたいですね。
最近そういう女性は増えていると思います。

― 最後に学生に一言お願いします!
私自身、applimに参加していなかったら絶対後悔していたと思います。
やりたいなと思っていてもそれを行動できるかどうかで人生が変わってくるので、行動してみてください。 何かに挑戦したいと思っている人にとってapplimはすごくいい経験になると思います。
終わりに

1ヶ月間必死にapplimにコミットすることで、今まで知らなかった自分に気付いたはるなさん。
まだ、自分の得意なことや好きなことが見つけられていない方、applimに参加してみてはいかがでしょうか?

第4回「試す」applimコンテストエントリー受付中!!


他のインタビュー記事を読む:
LETTER TOPPAGE