IGNITE japan 2015

コンテスト概要

IGNITEとは

IGNITEとはクリエイティブ・エージェンシーAKQAが世界で展開しているワークショップの名称です。昨年の日本2度目の開催に続き、この度も学生団体applimと共同でワークショップを開催することとなりました。期間中にはレイ・イナモト氏をはじめ、広告業界・デザイン業界から素敵なゲストをお呼びしての基調講演やメンタリングを予定しております。

applimからもっと世界へ。

クリエイティブ・エージェンシーAKQAは毎年「Future Lions」という全世界の学生を対象にカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルを舞台にしたコンペを主催しています。
昨年度まで、「5年前では実現できなかったアイディアの考案」という不変のテーマで毎年6月に5つの優秀作品がカンヌで発表されています。
Future Lionsの勝者5チームにはカンヌフェスティバルへの登録チケットが授与され、受賞を機に世界中からジョブオファーが来ることも少なくありません。

2013年度のFutureLionsでは、applim参加者から日本人初となる受賞チームが出ました。 前回に引き続き、「applim x AKQA ワークショップ」では今年度のFuture Lionsのコンペへの応募準備を兼ね、applimを通じ更なる世界への飛躍を目指していきます。 スピィーディーに案を数多く出し、毎日フィードバックをしながら7日間の圧縮された時間でアイディアをカタチにしていくワークショップです。

スケジュール

1/31

オリエンテーション
課題発表・説明

2/2

AKQA講師陣によるフィードバック
 

2/4

レイ・イナモト氏による基調講演
イナモト氏、岸勇希氏らによるフィードバック

2/6

最終プレゼンテーション


会場

渋谷キャンパスプラス

東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル 10F

HP http://campus-plus.jp/

審査員紹介


2012年Creativity誌「世界の最も影響のある50人」の1人に選ばれる一方、世界を舞台に活躍しているクリエイティブ・ディレクター。
高校からヨーロッパ・スイスに留学。大学はアメリカのミシガン大学で美術とコンピューター・サイエンスの同時専攻、好成績で卒業。
2004年10月、欧米大手デジタル・エイジェンシーAKQAのグローバル・クリエイティブ・ディレクターとして所属 。
2008年にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに昇進。
2007年に行われたインタラクティブ・クリエイティブ・ランキングで、世界のトップ5に選ばれる(トップ25内では唯一の日本人)。
2010年、日本人として初めてカンヌ国際広告祭チタニウム・インテグレーテッド部門の審査員に抜擢される。
2012年には「Advertising Hall of Achievement」に選ばれる。

現在ニューヨーク在住。


1977年名古屋生まれ。2008 年に執筆した「コミュニケーションをデザインするための本」で、コミュニケー ション・デザインという概念を広告業界に提唱。2011 年に電通史上最年少でクリエーティブ・ディレクター、 2014年にエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任。
広告に限らず、商品開発やビジネス・デザイン、テレビ番組の企画・制作、作詞、空間デザインに至るまで、 幅広い領域で活躍。最近の仕事に、トヨタ自動車「AQUA」「MIRAI」、コナミスポーツの経営イノベーシ ョン、商業施設 「TOKYU PLAZA OMOTESANDO HARAJUKU」のプロデュース。「すみだ水族館」の展 示演出、鶴屋百貨店(熊本県)のイノベーション・プロジェクトなど。
カンヌ国際広告祭(Cannes Lions International Festival of Creativity)金賞、アジア国際広告祭(Spikes Asia)グランプリ、日本マーケティング大賞グランプリ他、国内外の賞を多数受賞。グッドデザイン賞(サス テナブルデザイン賞/経済産業大臣賞)、ATP テレビ番組グランプリ特別賞など、広告業界外の賞も多く受 賞している。 2009 年にカンヌ国際広告祭 サイバー部門審査員、2013 年にはブランデッド・コンテント& エンタテイメント部門の審査員も務めている。


1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。
その後Arnell Groupにてクリエイティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。
その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。
建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009年-2014年国内外の広告賞にて多数受賞。
現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師。
2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。
2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、六本木アートナイトにてメディアアートディレクター。


1979年生まれ。電通に入社後、インタラクティブキャンペーンを手がけるテクニカルディレクターとして活躍後、2011年、4人のメンバーとともにPARTYを設立。最近の代表作に、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、トヨタ「TOYOTOWN」トヨタのコンセプトカー「FV2」、ソニーのインタラクティブテレビ番組「MAKE TV」などがある。国内外200以上の広告賞の受賞歴があり、審査員歴も多数。「Webデザインの『プロだから考えること』」(共著) 上梓。



1976年大分県生まれ。慶応大学総合政策学部卒業後、2002年バスキュールにプログラマとして入社。2010年クリエイティブディレクターに転身。広告、アトラクションイベント、教育、アートなど、様々な領域のインタラクティブコンテンツの企画制作に携わる。国内外のクリエイティブアワードを多数受賞。最近の仕事はTOYOTOWN一連のデジタルコンテンツをはじめ、六本木ヒルズのTOKYO CITYSYMPHONY、プラントハンター西畠清順のTHE SECRET GARDEN、フラワーアーティスト東信のEXOBIOTANICAなど。


メンター紹介

AKQA

AKQA

AKQAは、 1995年にAjaz Ahmed(アジャズ・アーメッド)によって設立されたクリエイティブ・エイジェンシー。 「Ideas & Innovation(アイディアとイノベーション)」をコアにおき、ナイキ、日産、ハイネケン、グーグル、デルタ航空、Xbox等、 世界のブランドをクライアントとしている。 現在ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ等、11都市にオフィスを構え1400人程の従業員で活動している。
http://www.akqa.com
https://www.facebook.com/akqa

主な代表作:

RISE

Nissan IDx

Winterlands

Future Lionsとは

クリエイティブ・エージェンシーAKQAによる全世界の学生を対象にしたコンペで、
「5年前では実現できなかったアイディアの考案」というテーマで毎年カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルを舞台に開催されています。
そして、2005年以来、毎年5つの優秀作品がカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにて発表され、カンヌフェスティバルへの登録チケットが授与されます。
昨年のFuture Lionsでは、applim参加者から日本人初となる受賞チームが出ました。

過去Future Lions受賞作品例

awaken by Amazon

Keepit

Condé Nast – Editorialist

ENTRY

IGNITE 2015 一般観覧を応募受付開始いたしました。

応募できる一般観覧は、
2/4 (水)16:00〜17:00 レイ・イナモト氏と岸勇希氏による基調講演
となっております。

また、参加は大学生・専門学生・大学院生のみに限らせていただきます。

Q&A

Q 課題はいつ発表されますか?
A 1月31日のキックオフ当日に、イナモト様より直接発表されます。
Q イベントに参加するには必ずFutureLionsに応募しないといけませんか?
A Future lionsへのご応募は自由です。
ですが、応募しなければあなたのアイデアは国境を超えられません。
ぜひこの機会に応募をして、カンヌへのチケットを手に入れましょう!
Q 個人での参加は可能ですか?
A 本ワークショップは原則チームでの参加をお願いしております。
Q イベントの一部に出席できない日があるのですが・・・・
A 初回のオリエンテーション(1/31)・最終日のプレゼンテーション(2/6)はチーム全員参加を原則としています。フィードバック日(2/2・2/4)にはチーム中で最低1人は必ずご参加ください。出席できない日程については早めにチーム内で共有し対応していただけるようお願いします。豪華講師陣から直接フィードバックをいただける貴重な機会となりますので、全日のご参加をお勧めしています。
Q ワークショプには参加できないのですが、講演だけでも聞きたいと思っています。一般観覧の募集はしないのでしょうか?
A 一般観覧につきましては現在未定となっておりますが、今後募集する可能性がございます。
その際は公式HP・公式twitter・facebokで告知させていただきますので、随時ご確認をよろしくお願いします。