IGNITE japan

コンテスト概要

IGNITEとは

IGNITEとはクリエイティブ・エージェンシーAKQAが世界で展開しているワークショップの名称です。
今回、日本で初めてIGNITEを開催するにあたり、学生団体applimと共同でワークショップを開催することとなりました。
期間中にはレイ・イナモト氏による基調講演をはじめ、広告業界・デザイン業界からゲストをお呼びしてレイ・イナモト氏との対談を設けることも予定しております。

課題

「5年前では実現できなかったアイデアを考案してください。」

「applimから世界へ。」

クリエイティブ・エージェンシーAKQAは2005年に「Future Lions」という全世界の学生を対象にカンヌ国際クリエイティビティー祭を舞台にしたコンペを開始しました。
「5年前では実現できなかったアイディアの考案」という不変のテーマで毎年6月に5つの優秀作品がカンヌで発表されています。

Future Lionsの勝者にはカンヌフェスティバルへの登録チケットが授与されます。
今回の「applim x AKQA ワークショップ」は今年度のFuture Lionsのコンペへの応募準備を兼ね、applimを通じ日本の次世代の世界への飛躍を支援するのが目的です。

スピィーディーに案を数多く出し、毎日フィードバックをしながら5日間という圧縮された時間でアイディアをカタチにしていくワークショップです。

スケジュール

2/26

レイ・イナモト氏による基調講演
「国境を超えるアイデアの作り方」

チームごとの課題設定

会場:グリー株式会社様・オフィス14階
2/27

レイ・イナモト氏による個別のフィードバック

レイ・イナモト氏と石川俊祐氏による対談
「ユーザーと365日つながるプロダクトの作り方」

会場:VOYAGE GROUP様本社ビル8階
2/28

レイ・イナモト氏による個別のフィードバック

会場:グリー株式会社様・オフィス12階
3/1

レイ・イナモト氏による個別のフィードバック

レイ・イナモト氏と岸勇希氏による対談
「これからの消費者の心のつかみ方」

会場:VOYAGE GROUP様本社ビル8階
3/2

最終プレゼンテーション

会場:グリー株式会社様・オフィス14階

期間中に行われるフィードバックにはチームのうち、最低一人以上必ず出席してください。

会場

2/26・2/28・3/2

グリー株式会社様
グリー株式会社様・オフィス14階/12階(2/28)
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー14階

「六本木駅」 六本木ヒルズ連絡通路より(日比谷線)
「六本木駅」 3出口徒歩6分(大江戸線)
「麻布十番駅」 7出口徒歩8分(大江戸線)
「麻布十番駅」 4出口徒歩11分(南北線)
2/27・3/1

株式会社VOYAGE GROUP様・オフィス8階
〒150-0045 
東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F

「渋谷駅」 徒歩15分(JR山手線)
「神泉駅」 徒歩3分(京王井の頭線)

講演者紹介

レイ・イナモト(稲本 零)
REI INAMOTO

AKQA チーフ・クリエイティブ・オフィサー/バイス・プレジデント

2012年Creativity誌「世界の最も影響のある50人」の1人に選ばれる一方、世界を舞台に活躍しているクリエイティブ・ディレクター。

高校からヨーロッパ・スイスに留学。大学はアメリカのミシガン大学で美術とコンピューター・サイエンスの同時専攻、好成績で卒業。
1996年タナカノリユキのもとで活動開始。
1997年からニューヨーク在住。
1999年、アメリカの大手デジタル・エイジェンシーR/GAにデザイナーとして雇われ、3年足らずでクリエイティブ・ディレクターに昇進する。
2001年、クリエイティブ・ユニットTronic Studioの設立に参加。
2004年10月、欧米大手デジタル・エイジェンシーAKQAのグローバル・クリエイティブ・ディレクターとして所属 。
2008年にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに昇進。
2007年に行われたインタラクティブ・クリエイティブ・ランキングで、世界のトップ5に選ばれる(トップ25内では唯一の日本人)。
2010年、日本人として初めてカンヌ国際広告祭チタニウム・インテグレーテッド部門の審査員に抜擢される。
2012年には「Advertising Hall of Achievement」に選ばれる。

受賞歴は、カンヌ国際サイバーライオン祭金賞、銀賞、銅賞、ロンドン国際広告祭グランプリ、金賞、銀賞、ニューヨーク・アートディレクターズクラブ金賞など、世界中で多数受賞。
また審査歴も多々あり、ニューヨーク・アートディレクターズクラブ やクリオ広告祭審査では2007年、2006年に日本人初、委員長を務める。

現在ニューヨーク在住。

レイ・イナモト氏写真

石川俊祐
Creative Lead - Design Consultant
1977年神奈川県生まれ。

Central Saint Martins College of Art & Design, Design科卒業。
在学中、プロダクトデザイナーAZUMIに師事。
2002年帰国後、日本家電メーカー勤務後、2008年に英国の老舗デザインコンサルタント会社PDDに入社。
家電、オートモーティブ、ヘルスケア、パッケージングなどのデザインだけでなく、サービスデザインやデザインイノベーションなど、既存の枠組みを越えたデザインプロジェクトをリード。
2013年4月よりIDEO Tokyoで新しいスタートを切る。

東京大学 i.school第3回「家電のイノベーション」/ Design UK workshopなど、クリエイティブワークショップを通して、Innovative・Design thinking(HCD)を実践的に教える活動にも力をいれている。
http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/programs/workshop/workshop3_12
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201301/designuk/
http://www.pdd.co.uk/blog/2012/08/design-thinking-in-japan-shun-runs-innovation-workshop/

岸勇希
株式会社電通 コミュニケーション・デザイン・センター
クリエーティブ・ディレクター

アイデアとコミュニケーションの力で“人のこころを動かす”結果的に“人を動かす”ことを仕事にしています。
人をキュンとさせたり、ドキドキさせたり、ワクワクさせるのが趣味、そしてそれが仕事。
今後は、教育領域へ進んでいきたいなぁと模索中。
今回、尊敬するレイさんと対談出来てとてもハッピー。多分、ぼくが一番ワクワクしています。

基調講演テーマ

国境を超えるアイデアの作り方

世界を舞台にAKQAのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてご活躍されており、カンヌ国際広告際での審査員経験もあるレイ・イナモト氏に日本から世界に通じるアイデアの作り方についてご講演していただきます。

対談テーマ

ユーザーと365日つながるプロダクトの作り方

ロンドンのデザインコンサルティング会社PDDの石川俊祐氏に具体的な事例やプロジェクトを参考に世界で通じるプロダクトの創り方をレイ・イナモト氏とともにご対談いただきます。

これからの消費者の心のつかみ方

レイ・イナモト氏と岸勇希氏にこれからの新しい広告によって、どのようにヒトの心を動かすのか、アイデアの作り方について対談形式でお話ししていただきます。

ENTRY

エントリーフォーム
IGNITE japan ワークショップ最終プレゼンの一般観覧を応募受付開始いたしました。

一般観覧参加応募について

今回応募できる一般観覧はワークショップ初日2/26・レイ・イナモト氏による基調講演と最終日3/2・チームによる最終プレゼンテーションのみです。
また、参加は大学生・大学院生・専門学校生のみに限らせていただきます。

本ワークショップの応募につきましては、20チームに達したためエントリーを終了とさせていただきます。

AKQA

AKQA

AKQAは、 1995年にAjaz Ahmed(アジャズ・アーメッド)によって設立されたクリエイティブ・エイジェンシー。 「Ideas & Innovation(アイディアとイノベーション)」をコアにおき、ナイキ、日産、ハイネッケン、グーグル、デルタ航空、Xbox等、 世界のブランドをクライアントとしている。 現在ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ等、11都市にオフィスを構え1400人程の従業員で活動している。
http://www.akqa.com
https://www.facebook.com/akqa

主な代表作:

Fiat Eco:Drive
http://goo.gl/eJwV7

Nike Training Club:
http://goo.gl/cK0Lh

Xbox Halo Reach:
http://goo.gl/QWs5Q

Heineken Star Player:
http://goo.gl/dZzPb

Future Lionsとは

クリエイティブ・エージェンシーAKQAによる全世界の学生を対象にしたコンペで、
「5年前では実現できなかったアイディアの考案」というテーマで毎年カンヌ国際クリエイティビティー祭を舞台に開催されています。
そして、2005年以来、毎年5つの優秀作品がカンヌ国際クリエイティビティー祭にて発表されてます。

また、このFuture Lionsの勝者にはカンヌフェスティバルへの登録チケットが授与されます。

過去Future Lions受賞作品例

Bing Automatic http://vimeo.com/36174030

Post from Japan http://vimeo.com/36166880

Made by Waves http://vimeo.com/36112885

Q&A

Q アイデア作りの経験がなくても参加できますか?
A もちろん参加可能です。初めてでも楽しんでご参加いただける様、下記のサポートを予定しています。
  ・レイ・イナモト氏の講演「国境を超えるアイデアの作り方」
  ・レイ・イナモト氏からの毎日アイデアに対するフィードバック
  ・広告業界・デザイン業界の方とレイ・イナモト氏の対談
チームメンバーで経験や知識を共有しながら、グローバルに通用するアイデアを5日間で作り上げましょう。
Q イベントに参加するには必ずFutureLionsに応募しないといけませんか?
A Future lionsへのご応募は自由です。
ですが、応募しなければあなたのアイデアは国境を超えられません。
ぜひこの機会に応募をして、カンヌへのチケットを手に入れましょう!
Q 個人での参加は可能ですか?
A 本ワークショップは原則チームでの参加をお願いしております。
但し、今後個人での参加を募集する場合がございます。その際は本HP・applim公式twitterアカウント(@applim2013)で告知いたします。
(注意:チーム応募で定員に達した場合、個人での参加募集はいたしません。ご了承ください。)
Q イベントの一部に出席できない日があるのですが?
A 初日のレイ・イナモト氏ご講演(2/26)・最終日のプレゼンテーション(3/2)はチーム全員参加を原則としています。
レイ・イナモト氏のアイデアに対するフィードバック日(2/27・2/28・3/1)にはチーム中で最低1人は必ずご参加ください。
出席できない日程については早めにチーム内で共有し対応していただけるようお願いします。
レイ・イナモト氏から直接フィードバックをいただける貴重な機会となりますので、全日のご参加をお勧めいたします。