About

課題文

課題文内容 課題文内容

[再発明とは]

『既存のモノ・サービス・システム』に『最新の技術や人の生活の変化、新しい切り口』をかけ合わせて、新しい価値を創造すること。

指定ブランドについて

第6回『試す』applimでは、以下のブランド部門を選択しエントリーしていただきます。
キックオフイベントでは、課題に対するオリエンテーションを行います。

JT
Microsoft-logo

具体例

1. 青森県田舎館村 / ネイチャーバーコード
『田んぼアートの再発明』

ネイチャーバーコード http://nature-barcode.jp/award/

撮影した自然の、名産が手に入るアプリ。
田舎館村が既に持つ『田んぼアート』や『お米』を、スマホの『画像認識技術』とかけ合わせて、新しい日本の売り場のカタチを創造した。

2. NIKE / NIKE+ FuelBand
『ライフログ文化の再発明』』

ネイチャーバーコード https://www.youtube.com/watch?v=5gMmzHzQmF0/

毎日の行動を実際の数字にして示してくれるバンド。
万歩計等で『自身の活動を記録する文化』を、『NIKEのブランド イメージ』や『スマホ等の技術』とかけ合わせて、よりファッショナブルなイメージを創造した。

審査基準

アイデア性

普遍性

graph graph

ブランド
課題解決度

実現可能性

ブランド理解度

アイデア性

見た人に驚きを与え、全く新しい価値を生み出せているか。

普遍性

人の生活や文化を見つめ、インサイトを的確に捉えられた、普遍性のある企画となっているか。

ブランド課題解決度

ブランド企業が持つ課題を的確に捉え、解決できているか。

ブランド理解度

ブランド企業が持つ、指針、特徴、歴史などを理解した上で、そのブランドが提案すべき企画となっているか。

実現可能性

技術的に企画を実行することが可能か。また利益的にそれを実現するだけの価値があるか。

課題の提出について

・締切
    中間課題提出   …10月3日(金)正午
    企画最終案提出…10月17日(金)正午
・形式
・スライド資料 32 枚 以内 (表紙含む)
・PDF 形式での提出
・一枚目(表紙)にチームナンバー、チーム名、チームメンバー(名前、大学名、学年)、企画タイトルを必 ず明記し 、チームの雰囲気を自由
  に表現してください。
・提出ファイル名:「【チーム No.】チーム名 .pdf 」
   ( 例【No.200】applimers.pdf

・締切
    中間課題提出   …10月3日(金)正午
    企画最終案提出…10月17日(金)正午
・形式
・スライド資料 32 枚 以内 (表紙含む)
・PDF 形式での提出
・一枚目(表紙)にチームナンバー、チーム名、チームメンバー(名前、大学名、学年)、企画タイトルを必 ず明記し 、チームの雰囲気を自由に表現してください。
・提出ファイル名:「【チーム No.】チーム名 .pdf 」
   ( 例【No.200】applimers.pdf

注意事項

・参加チームのメンバーについては3~6人でのご応募となります。
・応募フォームにご記入いただいたメールアドレスは、「第6回「試す」applimメーリングリスト」に登録され、applim運営事務局からの お知らせ及び協賛企業様からの連絡事項、ニュースが配信されます。また、イベントの出欠や課題提出方法など重要なお知らせの配信も行いますので、必ずご確認ください。
・決勝進出チームのチーム名、代表者名、大学名は書類審査結果発表時に公開されます。
・受賞チームのチーム名、メンバー氏名、大学名、作品名、作品説明は受賞発表時に公開されます。氏名の公開を希望されない場合は、事 前にご相談くださいますようお願いいたします。

参加資格

大学生・大学院生・専門学校生(18歳以上)。性別、国籍は問わない。

審査員特別賞                    …賞金30万円(両部門より1チーム)
TBSテレビ部門最優秀賞     …賞金20万円(TBS部門より1チーム)
マイクロソフト部門最優秀賞…賞金20万円(マイクロソフト部門より1チーム)
JT部門最優秀賞                 …賞金20万円(JT部門より1チーム)
協賛企業賞                       …賞金3万円(部門問わず各協賛企業1チーム×協賛企業社数)
オーディエンンス賞            …特別仕様トロフィー(部門問わず、決勝のオーディエンスの方々による投票によって確定。)

アイデアの権利について

各部門最優秀賞受賞企画に関しては、アイデアが実装化される場合、アイデアの著作権、運用権利は該当部門の特別協賛企業に譲渡されます。実装化されないアイデアは参加者自身に帰属します。決勝レセプションより1年以内に実装化が行われなかった場合、アイデアの権利は学生に返還されます。 各部門最優秀賞受賞案以外のアイデアを所持し、協賛企業との共同で開発、実装化、運用を望むチームは、必ずapplim運営事務局を通し、紹介を受ける事。 応募者は、弊団体が本コンテスト及びこれに関連する事業に関するものに限り、今後、当該応募作品を日本の国内外で使用する(主催者自らまたは第三者による、本コンテストのプロモーションのための各種媒体への掲載、 各種イベントにおいての展示・公開、ウェブ上での閲覧、複製、翻訳、翻案、送信可能化、公衆送信することなどを含む)権利を許諾します。

特別協賛企業
TBS
JT
Microsoft-logo
協賛企業
IMJgroup_logo
istyle
ADK
GaiaX
IMJgroup_logo
Simplex
メンバーズlogo
学生団体applim 公式ホームページ
©学生団体applim2014,all rights reserved.
This website was designed by Hanako Ishibashi & developed by Takayuki Hamada.