title-about

運営コンセプト

concept

applimとは?

学生団体applim(アプリム)は大学生を対象としたマーケティングコンテストを主催しています。

時代にとって新しいマーケティングツールに注目し、2010年夏から「ソーシャルアプリ×マーケティング」、「スマートフォンアプリ×マーケティング」をテーマにしたコンテスト、2011年夏には実装・運用を前提とした、特定の商材に対してソーシャルアプリ・スマートフォンアプリを活用したマーケティングプランを立案するコンテストを実施。そして、昨年2012年秋には社会における情報量増加を背景として、人々の共感を呼び情報へインパクトを加える要素の一つである「デジタル×リアルな体験」をテーマとしたコンテストを開催いたしました。

第5回 「試す」applim 開催背景

過去4回のコンテストでは、参加学生からデジタルに「リアル」という要素を掛け合わせた次世代マーケティングのアイディアが数多くうまれ、好評を博しました。

そして第5回目となる今回のコンテストでは、商材への付加価値を「Socialgood」(社会貢献)という形で付与するプロモーションアイディアを考えていただくコンテストを開催いたします。

このテーマに注目した背景には、近年の著しいデジタルメディア、ソーシャルメディアの発達があります。
インターネットやテレビの普及に伴い、企業は商品に付加価値をつける広告を多く生み出すようになりました。そして、現在ではそれに対し生活者はSNSやネット上の口コミページを利用して反応を示すことが可能な時代になっています。この生活者の反応は今や企業のイメージや購買の意思決定を左右しうるものです。このような、言わば企業と生活者がコミュニケーションをとることができる時代において、企業が商材への付加価値を「Socialgood」という形で付与することで、社会を通じて生活者とより良い形でのコミュニケーションをとること。このことが今、企業のマーケティングにおいて求められているのではないか。そのような考えから、今回はこのテーマでコンテストを開催することといたしました。